「ほどよい」スマホならこれ一択?! Googleの廉価版スマホ「Pixel 3a」が発表

ここのところ上手く記事が投稿できていなかったので、そろそろ新しい記事でも投稿しようかなんてことを思っていたのですが、そんなタイミングで天下のGoogle先生がとんでもない爆弾を落としてきてくれました。

その「爆弾」というのが、昨年秋に発売された「Pixel 3」の廉価版「Pixel  3a」の発表です。

そんな「Pixel 3a」には、個人的に「有能だろこれ!」と思ったポイントが3つあります。今回はその3つのポイントをお教えしますよ。

普段使いなら申し分ないバッテリー持ち

バッテリー容量は廉価版にも関わらず「Pixel 3」よりも若干増加しており、スペック上の連続動画再生時間は約12時間連続待受時間は約13日間

スマホ上でゲームを長時間プレイしたり、動画を長時間視聴する人にとっては少し物足りないかもしれませんが、普段使いがインターネットを見るだけですとか、ゲームはするけどそこまで長時間はプレイしないよ、という方にとっては十分すぎるスペックです。

個人的には、廉価版にしてはかなり頑張っている点だなあと思っています。

「Google Pay」に対応!SuicaやWAONがスマホで使える

「Pixel 3a」は「Pixel 3」と同様にFelicaを搭載しており、Googleの提供する「Google Pay」にも対応しています。

「Google Pay」はSuica・nanaco・楽天Edy・WAON・QUICPayの各電子マネーサービスをサポートしているため、「Pixel 3a」でもSuicaやWAONなどの電子マネーが一つの端末にまとめられます。

ななねこ

「iD」には非対応なのね…
「QUICPay+」も一部のカードでは利用不可です。各自で確認が必要です。

ドルフィン

とはいえ、多くのコンビニでも使用可能な交通系電子マネー「Suica」が使えるのはかなり嬉しいポイントです。

created by Rinker
CITIZEN(シチズン)
¥3,915 (2020/11/27 12:39:01時点 Amazon調べ-詳細)

お値段も結構リーズナブル!

気になるお値段は5.6インチの「Pixel 3a」が48,600円、6.0インチの「Pixel 3a XL」が60,000円(ともに税込)と、ミドルレンジモデルにふさわしい金額となっています。

ぶっちゃけ「iPhone XS」買うお金でこれが2台買えちゃいますからn

ななねこ

(あいつ…消されたな…!)

でも残念な部分があってだな

ただ、されど廉価版。やっぱり残念な部分がありました。

ワイヤレス充電は非対応

「Pixel 3a」は、背面の素材が強化ガラスからポリカーボネートに変更されています。

そのため、「Pixel 3」では対応していたワイヤレス充電には対応していません。

ワイヤレス充電はめちゃくちゃ便利なので、これが無いのは少し痛い…!

ドルフィン

防水性能ダウン!まさかの「生活防水」に

「Pixel 3」の防水・防塵性能はIP68でした。これは「水深1.5mの水に30分間放置しても耐えられる性能」ということです。

しかし、「Pixel 3a」では防水・防塵性能がIP52となりました。いかんせん「防滴」というレベルです。

だから風呂場で使ったりとかしたら絶対アカンで!

ななねこ

なんで関西弁…?

総合的には「買い」の製品

ワイヤレス充電と防水がカットされてしまったのが痛いですが、普段使いにはほぼ影響はないでしょう。

個人的には、「総合的に見れば断然『買い』の製品」という評価をしておきます。

「Pixel」シリーズはGoogleが直接開発を行っているAndroidスマートフォンのため、最低3年間のOSアップデート保証が付いています。「安く長く使いたい」という人にはまさにおすすめの端末でしょう。

一番のアピールポイントはやはり「Felica対応」という点。ミドルレンジモデルのスマートフォンでFelica対応のスマートフォンは意外と少ないため、この点はかなりお得です。

リーズナブルな価格でそれなりの性能を求める人におすすめです。ぜひ一度、端末の詳細ページを確認してみましょう。

▼この商品ページは「Pixel 3」です!お間違いなく

created by Rinker
Google
¥52,600 (2020/11/27 12:39:02時点 Amazon調べ-詳細)

2 COMMENTS

タナカヨシロウ

連続待受時間は約13日間 は
どのくらい信用できる数字なのでしょうか?

連続待受時間は約13日間を信用して購入しても大丈夫ですか?

返信する
ドルフィン

> タナカヨシロウさん
あくまでこの数字はスペック上の数値(理論値)ですので、実際にはこれよりも短い数値になります。
また、インターネット接続やバックグラウンドでのアプリ起動などの環境によっても電池持ちの状況は変わりますので、あくまで参考として扱っていただければと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

当ブログでは画像のダウンロードはできません。